【東方】霧雨魔理沙の時計

フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です。
画的起源

プロフィール

オリオン座

Author:オリオン座
★チャイルドラインいわてでは…
支援金・寄付金のご協力をお願いしています。
個人一口2,000円
団体一口10,000円

また、個人会員(支援会員)は、年間一口2,000円です。


★チャイルドラインには、子どもたちとする「4つの約束」があります。
・ヒミツは守るよ
・どんなことでも一緒に考える
・名前はいわなくていい
・切りたいときには、切っていい

チャイルドラインいわても、子どもたちからの電話をまっています!!

PageNavigation 1.0

Designed by 石津 花

名言

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012チャイルドライン受け手養成研修開催

チャイルドラインいわては
2012年7月から活動日を、これまでの月2回から週一回に増やしました。
現在、研修を修了したボランティアの皆さんが活動しています。
3年目の今年もまた、受け手のボランティア養成講座を開催します。
多数のご参加をお待ちします!


******************************
<募集要項>
対象:チャイルドラインの活動に興味のある方、または受け手としてボランティア
活動を希望される方(研修後、継続してチャイルドラインいわてを支援して
くださる方を募ります)
受講料:一般12,000円/学生5,000円
   (初回に受付で一括で納めてください)
申込み:名前、年齢、性別、住所、電話(連絡が取りやすいもの)
     ※個人情報は目的外の使用は致しません。
問合せ:チャイルドラインいわて事務局(打田内)  
    電話:090-6257-9251/FAX:019ー681-8440
    Eーmail:childline-iwate@excite.co.jp


<スケジュール>
①9月8日(土)13:30~14:45(会場:プラザおでって3F大会議室)
 「チャイルドラインの概要」
 講師:澤畑勉さん(せたがやチャイルドライン)
②9月8日(土)15:00~16:15(会場:同)
 「チャイルドラインボランティアとは」
 講師:同
③9月22日(土)13:30~14:45(会場:プラザおでって3F第1、2会議室)
 子どもの現状Ⅰ「被災地の子どもたちはいま」
 講師:中野幸二朗さん(宮古児童相談所長)
④9月22日(土)15:00~16:15(会場:同)
 子どもの現状Ⅱ「発達障がいの理解について」
 講師:加藤義男さん(チャイルドラインいわて理事)
⑤10月13日(土)13:30~14:45(会場:盛岡市総合福祉センター3F老人教養室)
 子どもの現状Ⅲ「子どもの虐待とその対応」
 講師:三上邦彦さん[チャイルドラインいわて代表)
⑥10月13日(土)15:00~16:15(会場:同)
 子どもの現状Ⅳ「思春期の性について」
 講師:秋元義弘さん(県立二戸病院医師)
⑦⑧11月10日(土)13:30~16:15(会場:同)
 聴くということ~ロールプレイⅠ・Ⅱ~ 
⑨⑩11月17日(土)13:30~16:15(会場:同)
 聴くということ~ロールプレイⅢ・Ⅳ
⑪12月8日(土)13:30~14:45(会場:同)
 子どもの現状Ⅴ「知っていますか?デートDV」
 講師:デートDV防止啓発ユースリーダーI&Y」
⑫12月8日(土)15:00~16:15(会場:同)
 講義・演習「対人援助の基礎」
 講師:三上邦彦さん(チャイルドラインいわて代表)
■16:15~16:30 修了式/インフォメーション

電話の受け手になるには
1)全12回すべて終了(回により補講しますので、事務局にご相談ください)
2)講座全課程終了後に面談を行い、意思確認後ボランティア登録を行います
3)ボランティア登録には、チャイルドラインいわての会員登録のための会費納入が必要です
4)受け手の活動は無償ボランティアです
スポンサーサイト

『街もりおか』2012年2月号

002_convert_20120218121602.jpg

盛岡人なら、書店のカウンターの傍らにこの冊子を見かけることも多いと思いますが、作家高橋克彦さんのデジカメ作品「真景錦絵」の表紙がいつも素敵な月刊『街もりおか』2月号に、NPO通信としてチャイルドラインの活動を寄稿させていただきました。


午後4時とともに電話のコール音が鳴り、待機していたボランティア(受け手)が受話器を取ります。
「はいチャイルドラインです」。
電話の向こうから子どものかすかな息遣いが感じられ、そのままちょっと興奮気味に「今日、学校でいやなことがありました」と話しはじめる子。
恥ずかしげに「友だちが教えてくれたので、ちょっとかけてみました」という子。
それから午後9時までの終了時間まで、子どもたちからの電話のベルが絶えることなく鳴り続けます。

チャイルドラインは、18歳までの子どもがかける専門電話です。
1986年、イギリスのBBC放送の番組企画に端を発し、今では世界30数カ国に活動の輪が広がっています。
日本では、深刻ないじめや少年犯罪が大きな社会事件になっていた1999年に「チャイルドライン支援センター」を設立。
現在では44都道府県74団体が活動しています。
2009年には「全国共通フリーダイヤル化」が実現し、全国どの地域からでも無料で電話がかけられるようになりました。
「機はとっくに熟している。熟しすぎれば腐る」と背中を押され、支援センター設立から10年目の2010年6月に「チャイルドラインいわて」は発足しました。
発足してみればなかなかの面子。何かにつけ牛歩の歩みと揶揄される岩手ですが、
「『いわて』には遅れてきたもの強みがあります。既存の団体のいい面、悪い面、みんな学ばせてもらって、一番新しい『いわて』は一番いい団体になりますよ」
と一蹴して笑いました。

チャイルドライン設立に深く関わって、イギリスBBC放送のジョン・ホールは言います。
「チャイルドラインの活動の第一の目的は、まず子どもの声に耳を傾け、相談にのり、ときに必要なサポートをすることです。
しかし、これに付随するように大変重要な目的を忘れてはいけません。
それは、子どもに影響を与えるような問題について一般社会の認識を高めることです。
子どもの生の声から、法律や社会政策を変えていく動きを作りだしていくことが重要です。
子どもの声を広く社会に伝えていく活動もしていかなければなりません」

今、電話を通して伝わってくる子どもたちの現状は過酷です。
人間関係。いじめ、性の悩み、虐待と問題はさまざまですが、それ以上に感じるのはそうした子どもたちを取り巻く環境の希薄さです。
「あなたの周りに相談できる大人はいる?」と問いかけると、ほとんどの子どもが「いない」と答えます。
社会の無関心のほかに、身近な大人が意図的に遮断している場合も多く見られます。

もしもたった一本のこの電話の線をたぐり寄せられるなら「もう一度頑張ってみる」と言った子がどうなったのか、今夜帰る家をなくした子どものその後がどうなったのかを尋ねたい気持ちでいっぱいになります。

「0120‐99‐7777」、この電話の先にはいつも私たちがいます。子どもの声を聞いたものの責任として、私たちは行動する大人でありたいと、そこにチャイルドラインの使命があるのだと強く思い、『いわて』もまた、子どもの声に耳を傾ける活動を続けていきます。



斎藤環さん講演会の開催

平成23年度チャイルドラインいわて受け手養成講座
「PTSDと子どもの心のケア」

講師:斎藤環さん(精神科医)
日時:2012年1月14日(土)13:00~14:30 (開場12:30 
会場:アイーナ7Fアイーナキャンパス学習室1
参加費  1,000円

<斎藤環さんプロフィール>
岩手県出身。精神科医。専門は思春期・青
年期の精神病理学。評論活動は、自治問題か
ら文学、美術、音楽、マンガ、アニメ、サブ
カルチャー全般に及ぶ。
著書に『社会的ひきこもり―終わらない思
春期』(PHP新書)、『戦闘美少女の精神分析』
(ちくま文庫)、『母は娘の人生を支配する―
なぜ「母殺し」は難しいのか』(NHKブック
ス)、『関係する女、所有する男』(講談社現代
新書)ほか多数。

***************************
参加申込:電話かFAX、メールで
①名前②連絡先電話番号をお知らせ
ください。
問合せ・申し込み:チャイルドラインいわて事務局(打田内)
     TEL:090-6257-9251/FAX:019-681-8440
****************************

受け手養成研修プログラム2011

受け手養成研修プログラム2011

昨年に引き続き、今年もまたチャイルドラインいわて受け手養成研修を開催します。

チャイルドラインの受け手とは
子どもたちは、悩んでいることや悲しかったこと嬉しかったこと、わからないことなど、さまざまな気持ちを話したくてチャイルドラインに電話をかけてきます。勇気を出してかけてきた子どもの話を電話で受ける人を、チャイルドラインでは「受け手」と呼びます。

初心者向けの研修
養成研修は、チャイルドラインのアウトラインをつかむ、チャイルドラインの受け手として最低限身につけなければいけないことを学ぶ入門研修です。


皆さんも「チャイルドラインいわて」のメンバーになって、一緒に活動しませんか。

*******************************

開催期間:2011年11月12日(土)~2012年1月28日(土)(全12回)
会  場:プラザおでって、アイーナほか
定  員:40人
対  象:チャイルドラインの活動に興味のある方、または受け手としてボランティア活動を希望される方
     (研修終了後、継続してチャイルドラインを支援してくださる方を募ります)
受講料:一般12,000円/学生5,000円(分割可)
参加申し込み:電話かFAX、メールで下記項目をお知らせください。
     ①お名前 ②ご住所 ③電話番号 ④年齢 ⑤養成研修または、公開講座希望
問合せ・申し込み:チャイルドラインいわて事務局(打田内)
     TEL:090-6257-9251/FAX:019-681-8440
     E-mail: orion81@clear.ocn.ne.jp

*******************************
<プログラム内容>

11月12日(土)プラザおでって3F大会議室
<公開講座1>13:00~14:30
「チャイルドラインとは何か」概要と役割
      加藤志保さん(元NPOチャイルドライン支援センター事務局長)
<公開講座2>14:40~16:10
「チャイルドラインの特性と意味」
      同

12月10日(土)アイーナ7Fアイーナキャンパス学習室4
<講義>13:00~14:30
子どもの現状1「児童虐待の理解と対応」
      三上邦彦さん(岩手県立大学社会福祉学部准教授)
<講義>14:40~16:10
子どもの現状2「発達障碍と心理」
      加藤義男さん(元岩手大学教育学部教授)

12月17日(土)アイーナ7Fアイーナキャンパス学習室1
<聴くトレーニング1>13:00~14:30
<聴くトレーニング2>14:40~16:10
ロールプレイング 山本多賀子さん(NPOチャイルドライン支援センター副代表)

2012年1月14日(土)アイーナキャンパス7Fアイーナキャンパス学習室1
<公開講座>
子どもの現状3「PTSDと子どもの心のケア」
      斎藤 環さん(精神科医)
子どもの現状4「思春期の性」
      講師未定

1月22日(日)アイーナキャンパス7Fアイーナキャンパス学習室1
<聴くトレーニング3>13:00~14:30
<聴くトレーニング4>14:40~16:10
ロールプレイング 山本多賀子さん(NPOチャイルドライン支援センター副代表)

1月28日(土)
内容未定



チャイルドラインいわてニュース 創刊号

359_convert_20111011095326_convert_20111011095840.jpg

ごあいさつ   

岩手県にもこの10年来開設が期待されていた「チャイルドラインいわて」が、平成22年6月19日に設立し、同年11月23日にホットラインを開設しました。

チャイルドラインは、18歳以下なら誰でもかけられる無料の専用電話です。
研修を受けたスタッフらが子どもたちの「話したい」「打ち明けたい」と思うことに耳を傾け、その心に寄り添い、誰かと話したい、困ったこと、悩んだこと、うれしかったことを伝えたいという子どもが匿名で話せるホットラインです。

岩手にチャイルドラインができたことで、岩手県の子どもたちにもチャイルドラインの存在が伝わりやすくなりました。

3月11日に東日本大震災以降、私たちは、震災で被災したり、各地で不安な思いで過ごす子どもたちに、チャイルドラインの利用を呼び掛けています。
そして、岩手の子どもたちだけではなく、様々な地域の子どもたちから、複雑に揺れる子どもたちの心を受け止めています。
子どもたちの問題の多くは、大人が優先して解決を図ろうとする傾向があります。
チャイルドラインは子どもの問題は子どもが子どもに聞くことから始めようと考えています。
そのため周囲の大人は、自分の周りの子どもたちに関心を持つことがとても大事になります。

今回の震災では、自分が助かったことに心を痛める子どももいます。
継続的な心のケアもとても大事なことですが、知らない相手だからこそ話せることもあります。
被害の程度や、相談や悩みの有無に関わらず、子どもたちが日常的に話せる場として、また子どもたちに寄り添う場として、子どもが笑顔で安心して生活できる環境を考えていく「チャイルドラインいわて」に、今後ともご理解とご支援を賜りたいと存じます。

                             チャイルドライン代表 三上邦彦

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。