【東方】霧雨魔理沙の時計

フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です。
画的起源

プロフィール

オリオン座

Author:オリオン座
★チャイルドラインいわてでは…
支援金・寄付金のご協力をお願いしています。
個人一口2,000円
団体一口10,000円

また、個人会員(支援会員)は、年間一口2,000円です。


★チャイルドラインには、子どもたちとする「4つの約束」があります。
・ヒミツは守るよ
・どんなことでも一緒に考える
・名前はいわなくていい
・切りたいときには、切っていい

チャイルドラインいわても、子どもたちからの電話をまっています!!

PageNavigation 1.0

Designed by 石津 花

名言

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「子どもの被害者学のすすめ』デイビット・フィンケルホー編著

2010(平成22)年12月05日(日)
毎日新聞


今週の本棚:小西聖子・評
『子ども被害者学の… 』=デイビッド・フィンケルホー編著
◇小西聖子(たかこ)・評 『子ども被害者学のすすめ』
 (岩波書店・2,835円)

◇なぜ米国で子どもの犯罪被害が減ったのか

アメリカの子どもの被害が減っている。

「さまざまなタイプの子どもに対する虐待や犯罪は、
 1990年代初頭から、ものによっては
 劇的に、減少し続けているのだ。」

子どもへの性的虐待の件数は
90年から2005年にかけて、51%減少した。

身体的虐待件数も性的虐待を追いかけるように、
1990年代半ばから減少し始め、
92年から05年末までに、46%減少した。

10代の性的暴行被害も半分に減少、
ほかの犯罪も半分以下に劇的に減少、
配偶者間暴力も約半数に減少している。

アメリカでは70年代から虐待が社会的問題ととらえられる
ようになった。80年代、何をやっても
その数はずっと増え続けていた。

なのに、現代のアメリカで、こんなに被害が激減するなんて。
これはすごいことである。

この間、子どもの総数も減っていないし、
1人親家庭だって、ヒスパニック家庭だって増え続けている。
研究者だって、こんな激減はだれも予測していなかったのだ。

この本の著者デイビッド・フィンケルホーは
社会学的視点から、子どもや女性の被害を
ずっと追い続けてきた著名な学者で、
彼の研究や意見は専門家の間でも常に力を持ってきた。

この本は、被害者学を研究する者にとっては
画期的、刺激的なものである。

前半では子どもの被害に関する最新の研究成果によって
新しい視点が提案されている。
ただこの部分は、一般書としては難しいかもしれない。

子どもの被害の激減について具体的に緻密に検討されている
のは第5章である。
こちらは予備知識がなくても読みやすくまた面白いと思う。

本当に被害の数は減っているのか、
単なる統計上の手続きの変化が反映されただけなのか。
90年代に、虐待が減少し出したことが認識され始めて、
そういう議論が巻き起こった。

そして、性的虐待や身体的虐待は本当に減っている。
間違いない! というのが最初の結論である。

これには「強固なエビデンス」がある。
複数の自己申告式の被害調査のデータがどちらも減っている
こと、虐待の定義や数え方が変わったというような
見かけ上の原因が考えられないこと、

被害に密接にかかわるその他の福祉指標--
他の犯罪被害やティーンエージャーの
自殺、家出、少年非行、10代の妊娠の
いずれもが減っていること等が挙げられている。

ではなぜこういうことが起きたのか。

人口の構成変化の可能性は?
死刑の増加が抑止効果となった可能性は?
コカイン、クラックの流行が下火になったこととの関連は?
銃規制の強化は?
人工妊娠中絶の合法化は?

よく議論されるような要因が、1つ1つ検討されるが、
これらのどの要因との関連も否定的である。


フィンケルホーが注目する要因は3つ。
▽アメリカの好景気、
▽警官やソーシャルワーカーや児童福祉司など
 子どもの安全や加害者取り締まりにかかわる
 人間が増えたこと、
▽SSRIなどの精神科薬物治療の普及
である。

「何か建設的なことが社会環境において起こっているのだ。」
とフィンケルホーは言う。

「今後は、私たちは最も有望な説明のいくつかについて、
 検証計画を立案しなければならない。」

そういう意味では、リーマン・ショックは
壮大な実験だともいえる。

不景気に突入してアメリカの子どもの被害数はどうなるだろう。
ここ1、2年の統計がとても気になるところである。

(森田ゆり・金田ユリ子・定政由里子・森 年恵 訳)

スポンサーサイト

「ひきこもりでセカイが開く時」-斎藤環/爆笑問題

4062826100_convert_20100508214956[1]
斎藤)どうぞお掛けください。
田中)ここの部屋は診察室じゃないですね。
斎藤)いや、診察室ですよ。ここで診察するんです。
田中)でもこうやって座ると、診察されるみたいで緊張しますね。
太田)医者コントをやってるみたい。
斎藤)私もコスプレ気分ですけど(笑)。

オリオン)
 うわー!そうそう。私も昨年秋に、斎藤環先生にお会いしました!コスプレの…(それもスタンドカラーのカッコイイやつ)。
 訪ねたのは、斎藤環さんの勤務先である爽風会佐々木病院(千葉県)。
 「患者様が優先」と受付で念を押され、待合室で待つこと4時間余り。「それでも待ちます」と覚悟して答えたが、次々呼ばれる患者さんを見送ると、少々心細くなってきたのでした。
 こりゃあ、昼抜きで、午後まで診察続行か?と思っているところに、名前が呼ばれる「3番にお入りください」。

 診察室の丸い椅子に腰かけると、向かい側に白衣の斎藤環さんが「…どうしました?」。
 「どうしましたって…!?」私は事前に送ったメールを読んでもらっていることを確認し(「あぁ、確か。読んだ…かなぁ…」)、カバンの中からガサゴソと『葦牙(あしかび)』のデモテープと斎藤環さんの新書本を出し、一気に要件をまくしたてました。
 はい。その努力が実って、この度、映画上映と併せて、『葦牙』プロデューサーの都鳥さん兄弟と斎藤環さんの対談が実現の運びとなりました。皆さん、乞うご期待!(対談も白衣ってぇのはどうだ?)

斎藤) ひきこもりは、きわめて多様で複雑な問題です。単純に否定したり肯定したりすることはできません。このような問題を考えるとき、もっとも大切なことは、可能な限り「選択の自由」を確保しておくことだと私は考えています。
 つまり、それが自らの意思に基づくのであれば、ひきこもる自由も、ひきこもりから抜け出す自由も確保しておこう、ということです。(中略)
 私が求めているのは、ひきこもる自由と、ひきこもりをやめる自由と、その双方をひとしく肯定できるような、いささかアクロバティックな哲学です。

『子どもの貧困白書』

給食のない夏休み、体重の減る子がいる
1日の主な栄養源が学校の給食だけ、
という子どもたちがいます
現代日本の子どもの貧困
私たちの社会のあり方が問われている


978-4-7503-3035-8_convert_20100821222853[1] 発行:明石書店

私たちの「子どもの貧困根絶宣言」
「人類は、子どもに対し、最善のものを与える義務を負う」
―この白書が刊行される2009年は、子どもの権利宣言から50周年、子どもの権利条約から20周年にあたります。
まさに、私たちの「子どもの貧困根絶宣言」ともいうべく、この白書には、子ども・若者・保護者・援助者・研究者たちの多様な声とともに、「貧困の連鎖を断ち切ろう」というたくさんの意志と願いが込められています。
また、子どもの貧困を見えるものにし、貧困をなくすための方策を具体化させるために、当事者、支援の現場、政策といったそれぞれのレベルに焦点を合わせながら、現状・課題・提言を描いています。
貧困がない社会とはいかなる社会なのか、想像力を創造力につなげながら、私たち市民の希望を社会の希望として現実のものにしていきたい
―その積極的な実現の道のりを多くのみなさんと共有出来れば幸いです。
『子どもの貧困白書』が必要でなくなる日ーその日がくることを願います。

2009年8月「はじめに」より
子どもの貧困白書編集委員代表 湯澤直美


かつて、子どもの虐待防止に関する市民活動に関わっていた頃、「学校が悪い」と言い張る親たちと、「親が悪い」と言い張る教師と、「いや社会だ」「制度だ」はては「とかく今どきの子ども」とくる。さてさてどこに糸口があるのか。「格差社会の連鎖」に至っては、これでは子どもが救われる道はとうていないではないか…と苛立ちさえ感じるのである。
『子どもの貧困白書』の目次を開いただけで、子どもが抱える問題が多岐に及ぶことを改めて痛感する。
執筆者総数150人。この本は多くの研究者、専門家によって執筆されている。そして編集後記に記された11人の編集委員のコメントの想いの深さ。
行政から発行されるさまざまな白書とは、また一味違う興味深い一冊である。


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。